Browns Beach / TAILORD JACKET
58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662 58044ac9100315201c000662

Browns Beach / TAILORD JACKET

¥59,400 税込

送料についてはこちら

  • OXGRAY /36

    SOLD OUT

  • OXGRAY /38

    残り1点

  • OXGRAY /40

    残り1点

  • NAVYSTRIPE / 36

    SOLD OUT

  • NAVYSTRIPE / 38

    SOLD OUT

  • NAVYSTRIPE / 40

    SOLD OUT

  • FORESTGREEN / 36

    残り1点

  • FORESTGREEN / 38

    SOLD OUT

  • FORESTGREEN / 40

    SOLD OUT

『Brown's beach Jacket』 ブラウンズビーチジャケット 1901年、マサチューセッツ州ウーセスターにてWiliam.W.Brown氏によって設立された Brown’s beach Jacket Company。彼らが作ったBrown’s beach Jacket並びにVestは、 その優れた防寒性と機能性の良さから、過酷な条件下で働くフィッシャーマン、ハンター、ランバージャックなどといったワーカー達、または有名スポーツマンの着用などにより、多くのアウトドアーズマンから高く評価され、カタログビジネスが確立された1920年代~30年代頃になるとその評判は東海岸にとどまらず全米へと広がりを見せた。 50年代以降は、その着心地の良さからグランパへのギフトとしても重宝されるなど一般化されるが、60年代に入りアウトドアウエアからコットンやウールが徐々に姿を消し、新たなポリエステル製のシンチラ、フリース等の軽量素材の台頭や、男性が外で派手な色目の衣類を着用する文化が定着した事も重なりBrown’s beach Jacketは姿を消しました。 近年になり1920年代~30年代のアメリカンワークウエアの魅力が見直されるようになり、60年代以降姿を消してしまった洋服、機能美に満ち溢れたそれらの洋服の人気が再熱するとともにヴィンテージとしてのBrown’s beach Jacketの価値がジーンズなどと同様に高騰するようになりました。 そんなBrown’s beach Jacketの素材を徹底的に研究し、『FULLCOUNT』がライセンス(商標登録)を2010年2月より取得し、現代に甦らせました。復刻後瞬く間に人気を集め今では数々のアイテムがリリースされています。その中でも変わらず定番として人気を誇るのが こちらの《TAILORED JACKET》 20'Sスタイルのテーラードジャケットで、 FULLCOUNTより前シーズンまでにリリースされていたモデルよりもサイズ感やシルエットを見直し、今期、新たな定番としてアップデートされました。 その一方で、 ブラウンビーチの特徴でもある『ごま塩』と呼ばれる凹凸のある生地の表情などからは、当時のディテールや雰囲気がより鮮明に再現されています。 col : OXFORDGRAY/ NAVYSTRIPE / FORESTGREEN mat : BEACH CLOTH (WOOL74% COTTON 26%) made : JAPAN size : 38. 40 38 肩幅 約43 身幅 約48 袖丈 約60 着丈 約69 40 肩幅 約40 身幅 約50 袖丈 約61 着丈 約70 ※誤差として約1~2㎝、表記サイズより異なる場合がございます。